HOME > 入園ガイド > 園児募集(入園)要項
入園ガイド

園児募集(入園)要項

こちらでは、「社会福祉法人 長尾会長尾保育園」に入園するうえでの基本事項を掲載しております。以下をよくお読みになったうえで、ご不明な点などございございましたら、当園までお気軽にお問い合わせください

入園までの流れ

入園までの流れは以下の図をご参考ください。

入園までの流れ

保育園のご利用までの流れ

保育園とは

保育所(園)・認定こども園(保育所部分)・小規模保育事業実施施設(以下、「保育所(園)等」といいます。)は、保護者の就労や疾病等により、家庭で保育を行うことが困難である 乳幼児を保育する施設であり、枚方市には下の3つがあります。

なお、利用するには、幼稚園や認定こども園(幼稚園部分)とは異なり、保育を必要とする事由(以下、「入所要件」といいます。)が必要です。

保育所(園)
就労などのため家庭での保育が困難な保護者に代わって、保育(養護と教育)を行う施設です。保護者と市の契約であり、保育料は、市が保護者から徴収します。
また、枚方市内の全保育所(園)で地域の子育て支援事業を実施しています。
※長尾保育園はこちらに該当します。
認定こども園
幼稚園と保育所の機能や特長をあわせ持ち、就労状況が変わった場合も、通いなれた園を継続して利用することが可能です。
また、地域の子育て支援事業も実施します。
「保育所部分」(下記参照)の利用については、市が行う利用調整の結果を踏まえ、保護者と園で契約を行います。
保育料は、直接、園が保護者から徴収します。また、園によっては、保育料以外に別途費用を徴収する場合があります。
【認定こども園については2区分の利用形態があります。】
保育所部分:就労などのため家庭での保育が困難な世帯が利用
幼稚園部分:小学校以降の教育の基礎をつくるための幼児期の教育を目的とする世帯が利用(満3歳以上のみ利用可。申し込みは直接、園へ)
小規模保育事業実施施設
就労などのため家庭での保育が困難な保護者に代わって保育(養護と教育)を行う事業を実施する施設です。少人数の子どもを保育する市町村の認可事業で、0 歳〜2 歳児が対象です。
利用については、市が行う利用調整の結果を踏まえ、保護者と園で契約を行います。
保育料は、直接、園が保護者から徴収します。

保育所(園)等の利用までの流れ

保護者 子育て支援室 保育所(園)等
@情報収集→保育所(園)等見学希望
保育所(園)等の選定
@空き情報等の提供 @見学の受入
A保育の必要性の認定(※1)及び利用調整(※2)に関する申込書の提出。
※1「施設型給付費・地域型保育給付費 支給認定申請書」
※2「保育所(園)入所申込書・認定こ ども園及び小規模保育事業利用調整 申込書」
B入所要件確認書類の提出。
A「施設型給付費・地域型保育給付費支給認定申 請書」、「保育所(園)入所申込書・認定こども園 及び小規模保育事業利用 調整申込書」受付
B入所要件確認書類受付
A「施設型給付費・地域型保育給 付費支給 認定申請書」、「保育所
(園)入所申込書・認 定こども園 及び小規 模保育事業 利用調整 申込書」受付
※各年 3 月以外
C保育所(園)入所・認定こども園利 調整・小規模保育事業利用調整申込 証を第1希望の保育所(園)等に提出。
D認定こども園・小規模保育事業実施施 設については、別途、各園に「入園申 込書」も提出。
C利用調整
承諾通知の発送
B保育所(園)入所・
認定こども 園利用調 整・小規模保育事業利 用調整申込 済証 の 受 け取り
C認定こども園・小規 模保育事業 実施施設 につい ては、「入 園申 込書」も受付
E入所承諾の場合 保育所(園)等での面接・入所準備。 認定こども園・小規模保育事業実施施設については、各園との契約   D面接・入所説明
E認定こども園・小規 模保育事業 実施施設 については、保護者と の契約

F保育所(園)等入所

   

※見学や入所・利用調整申込済証の提出に行かれる際は、必ず事前に保育所(園)等に直接電話連絡してください。

保育の必要性の認定

保育所(園)・認定こども園(保育所部分)・小規模保育事業実施施設の利用を希望される場合は、保育の必要性の認定(以下、「保育認定」といいます。)を受けていただく必要があります。認定された場合、「支給認定証」を市から交付します。

認定にあたっては、子どもの年齢や入所要件ごとに「保育認定の有効期間」及び「保育必要量(保育を利用できる時間)」が異なります。

保育認定の事由

保育所(園)等を利用するには、父・母のいずれもが、次の表のいずれかに該当する場合で、家庭での保育が困難であることが条件となります。

入所要件

1 就労 1か月当たり実働64時間以上の就労をしていること。(居宅外自営含む)
居宅内での自営、月2万円以上の収入がある内職をしていること。(内職は労 働申告書提出時に1か月以上の収入実績が必要です。)
2 妊娠・出産 妊娠に伴う心身の不調等により家庭での保育が困難であること。または、出 産予定日の6週前(多胎妊娠の場合は14週)の前日が属する月の初日から、

出産後8週が経過する日の翌日が属する月の末日までであること。

3 保護者の 疾病・障害 保護者が疾病、負傷、または障害を有していること。
4 同居親族の介護・看護 長期にわたる疾病、または障害を有する同居の親族を常時介護していること。
5 災害復旧 震災、風水害、火災その他の災害の復旧に当たっていること。
6 求職活動 求職活動(起業準備を含む)を継続的に行っていること。
7 就学 1か月当たり64時間以上就学していること。
8 育児休業 既に保育所(園)等を利用している児童で、育児休業取得時に引き続き保育
が必要であると認められること。
9 その他 上記に類する状態にあると認められる場合

就学を要件にする場合、対象となる学校は限定されますので、お問い合わせください

保護者が育児休業中の場合は、保育所(園)等に入所していただくことはできません。(上の表の8に該当する場合、及び7ページ「5.保育所(園)等入所日」のCに記載する、ならし保育に該当する場合を除く。)。

保育所(園)での生活

短時間保育における一日の生活の一例

9:00登所(園)
健康観察
朝のつどい設定保育
12:00食事
午睡
15:00おやつ
あそび
〜17:00順次降所(園)

教育・保育の内容・特徴

乳幼児期は、生涯にわたる人間形成にとって極めて重要な時期です。
保育所では、一人ひとりの子どもたちを大切にしながら、友だちとともに育ちあい、豊
かな遊びや環境の中で、心身ともに健やかな子どもに育てることを目標としています。

特に午前中の活動は、個々の発達を理解しつつ、子ども相互の関わりを重視し、集団としての成長を促します。個の成長が集団の成長に関わり、集団における活動が個の成長を促すといった関連性に十分留意して、集団での保育時間を大切に考えています。

保育所(園)等の利用 申し込み

  1. 印鑑を持って、子育て支援室または利用を希望する保育所(園)等にお越しください。 電話・郵送での申し込みはできません。《3月は保育所(園)等での申し込みはできません。》
  2. 申し込み後、すみやかに下表の入所要件確認書類を提出してください。申し込み受付日から3か月を過ぎても入所要件確認書類の提出がない場合は、辞退されたものとして申し込みを取り消します(申し込みの取り消しについては個別にお知らせは致しません)。

入所要件確認書類

入所要件確認書類
[両親の証明]
労働申告書(所定用紙)・通勤(通学)時間申告書 入所要件1の場合
母子健康手帳のコピー 入所要件2の場合。(ただし、産前6週前の前日が属する月の初日以前の利用 を希望する場合、別途書類が必要)
診断書 入所要件34の疾病・負傷の場合
障害者手帳のコピー 入所要件3・4の障害を有する場合
罹災証明書等 入所要件5の場合
求職活動申立書及びハローワーク発行の求職カード等 入所要件6の場合
在学証明書や就学カリキュラム等・通勤(通学)時間申告書 入所要件7の場合
産前産後休業及び育児休業取得申告書 入所要件8の場合
  市長が必要と認める書類 入所要件9の場合
  • 入所要件は「保育認定の事由」の表で確認してください。
  • その他書類が必要な場合は別途提出を求めることがあります。
  • 上記の書類は郵送も可能ですが、記入もれ等があれば申し込みが成立しませんので、できればご持参ください。また、提出された書類の記載内容について、職員が事業所等に対 し電話等により確認させていただくことがあります。

保育所(園)等入所日

  1. 入所日は各月1日を基本とします。
  2. ただし、産休・育児休業明けは勤務復帰日、緊急入所(父母のいずれかが20日以上の入院が見込まれる場合など)は必要な日とします。
  3. 新規就労(就労希望)の場合は、就労日が月前半(15 日以前)であれば、当月1日も しくは翌月1日(保護者が選択できます)、就労日が月後半(16日以降)であれば、 翌月1日とします。
  4. 居宅外での労働の場合、1 週間以内で、ならし保育を実施できる場合があります。ただ し、実施には種々の条件がありますので、お問い合わせください。

保育料の決定について

  1. 保育料は、入所児童の父母の市町村民税額等により決定します。祖父母と同居の場合、 祖父母の税額が関係することもあります。

    平成26年度までは、平成22年度の税制改正において廃止された年少扶養控除及 び 16 歳から 18 歳までの特定扶養控除の上乗せ部分があったものと仮定して再計算していましたが、平成27年度からはこの取扱いは行いません。また、住宅借入 金等控除・配当控除・外国税額控除・住宅耐震改修控除・電子証明書等控除を適用する前の税額で算出します。

  2. 4月分から8月分の保育料については前年度市町村民税額、9月分から翌3月分の保育料 については当該年度市町村民税額により算定します。9月分以降の保育料については、 毎年8月頃に改めて通知します。
  3. 公・私立保育所(園)のどちらに入所しても、保育料は同じです。また、認定こども園・ 小規模保育事業実施施設についても、市が定める保育料と同額です。
  4. 保育必要量や認定区分が月途中で変更となった場合の保育料は、翌月からの変更となり ます。ただし、満3歳となり認定区分が 3 号から2号に変更となる場合については、当該年度中は2歳児クラスの保育料を適用します。

保育 時間 について

  1. 保育所(園)等の開所時間は午前7時〜午後7時で、認定された保育必要量(保育標準時間もしくは保育短時間)の範囲内で、実際に就労や通勤時間等により子どもの保育が できない時間を利用できます。
  2. 一部の保育所(園)で延長保育(別途、延長保育料が必要)を実施しています。詳しくは、お問い合わせください。

保育所(園)等を退所するとき

  1. 退所する場合は、退所届を保育所(園)へ提出してください。用紙は保育所(園)にあります。退所日は、原則として月末になります。
  2. 次の場合は退所となります。
    • 児童が 1か月間、1日も登園しない場合。ただし、児童の病気等の理由による場合は、 最大2か月まで延長
    • 保護者の退職などにより、保育所(園)等への入所要件がなくなった場合
    • 市外に転出したとき
ページトップへ